読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康のため身体について知ろう (専門家ではない人向け)

一般の方むけの身体についての知識です。少しでもご自身で健康管理ができるように

距骨下関節が内側へ崩れる?

前回から引き続き・・・

 

では、どういったときに距骨下関節が内側へ崩れるのでしょうか?

教科書的には、足部の底屈(背屈制限)やknee-inからの運動連鎖でしょうか?

確かに、knee-inからの運動連鎖で、足の内側が潰れれているのはよく見ます。

 

もうひとつ!とてもよく見る原因は・・・

 

「下腿の傾斜」です

どういうことかというと、下腿が足に対して外側へ倒れている状態。

つまり、俗に言うo脚です

 

前々回くらいに

「足は設置面に適合させる能力がある」

と書いた?と思うのですが、

 

設置面が平らで、下腿が傾斜していれば、適合させるため、距骨下関節は内側へ崩れます。すると、上に乗っている距骨が内前方へ崩れ、

前にある舟状骨や内側楔状骨が崩れます

いわゆる「扁平足」の状態となります。

 

これが外反母趾でもっとも多い要因かと思います

広告を非表示にする