読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康のため身体について知ろう (専門家ではない人向け)

一般の方むけの身体についての知識です。少しでもご自身で健康管理ができるように

膝が痛い!!(変形性膝関節症)

年を取ってくるとよく聞きますよね

 

膝が痛い・・・

 

腰・肩の痛みと並んで

痛み三銃士ばりに痛みが出る人が多いです。

 

さて、その中でも「変形性膝関節症」

 

特に女性に多く、膝の関節が変形してくることに起因しております。

しかし、変形が痛みの原因と言ったら大間違いです。

 

変形があるから→痛みが生じる

 のではなく、

 

膝になんらかしらの負担がかかっているから→変形がある

膝になんらかしらの負担がかかっているから→痛みが生じる

 です。

 

変形は、関節が適応した結果生じているものであって、直接的に痛みの原因になることはありません。(稀にありますが・・・)

 

痛みは、

靭帯や半月板、骨膜性のものが多いかと思います。

 

膝は周りの関節から負担・負荷を押し付けられやすい関節なので、

膝周りを鍛えて対処しようという方針はなかなか辛いものがあります。

 

サッカーで絶対的に上手い選手がいて、その選手に2・3人マークについたとしたらさすがに何もできなくなっちゃいますよね?

だからといって、その選手に「もっと強くなれ」とは言いませんよね?周りの選手がもっと上手くなって、マークを分散させる必要があります。

 

仕事もやって、子育てもして、家事もして・・・のお母さんに「もっとやりなさい」というより、旦那さんが手助けしますよね?

 

膝は足・体幹(股関節)の機能低下の影響をもろに受けて、それをカバーします。ですから、痛みが生じやすいのです。

 

ってことは・・・

膝のトレーニングをするよりも

足関節や股関節の可動域をしっかり作ったり(柔軟をしっかりしたり)、筋力トレーニングをまずしましょう。

思いの外、それだけで痛みがとれたりしますよ。

 

                

 

 

広告を非表示にする