読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康のため身体について知ろう (専門家ではない人向け)

一般の方むけの身体についての知識です。少しでもご自身で健康管理ができるように

骨折後、骨が太くなった!!

今日は痛みではなく、「形」の問題です。

 

先日、「指を去年の夏に骨折したんだけど、放っておいたら太くなっていて治らない。曲げ・伸ばしもまだしっかり動ききらない」

というクライアントさんが来ました。

 

骨折後、指が一時的に太くなるのは正常です。

骨折直後は炎症状態となり、身体の免疫機能により「ゴミ」となった骨や軟部組織が取り除かれていきます。徐々に新生血管が侵入し、軟骨芽細胞によるが骨折部を覆うように作られていきます。

*この時、骨折部を「覆う」のでので、骨は太くなります。

ここから、徐々に仮骨が石灰化し、強度を増していくのですが、

いらない部位はカットされていきます。

それにより、正常の太さとなります。

 

さて、問題の「太くなる」部位は、仮骨形成の時期です。

この時期に、特定の方向へのストレスが積み重なってしまうと、

そちらの方向への骨形成が促進されてしまいます。

結果的に骨が太く形成されてしまうということです。

 

「あれ?レントゲン撮っても骨は太くないけど・・・」

という方

それは、軟部組織や細胞外マトリックスの滞留が生じてしまっております。

腱の癒着などが生じた結果、動きが悪くなり、細胞外マトリックス、細胞外液が常駐してしまっている状態です。

 

しっかり循環改善、腱の滑走を図り(よく動かし)

きれいに治していきましょう。

骨膜に対しての圧迫、なめしをしっかり行い、きれいな骨膜を形成しましょう

広告を非表示にする