健康のため身体について知ろう (専門家ではない人向け)

一般の方むけの身体についての知識です。少しでもご自身で健康管理ができるように

不安定肩

「肩の亜脱臼」身近になったことがある人がいるかと思います。

肩関節はかなり可動域が大きい関節なので、「動き過ぎてしまう弊害」もあります。

特に、上腕骨が肩甲骨に「懸垂」される状態と「支持」される状態があるので、その切り替え時に亜脱臼しやすいと言われています。

 

どこの関節の軟部組織と同様、肩関節の靭帯(関節包)にもズレを感知する機能がありますが、捻って痛めてと繰り返してしまうと、機能低下を生じてしまいます。その結果、懸垂→支持とスムーズな切り替えができず、不安定な肩となってしまいます。

 

足首と同様「捻挫は癖」となるといいますが、確かに繰り返します。

しっかり筋の反応を高めるために、感知する機能を高めていきましょう

広告を非表示にする