読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康のため身体について知ろう (専門家ではない人向け)

一般の方むけの身体についての知識です。少しでもご自身で健康管理ができるように

ギプス固定中は動かしましょう

固定 浮腫 骨折

骨折をして、ギプス固定中。

「動かしてはいけなそう」ということで動かさない人が結構います。

 

実は、動く範囲でしっかりと動かす必要があります。

*動いて欲しくないところは、ギプスで動かないように固定しています。

 

骨折後、問題になるのは、骨の修復より、圧倒的に「拘縮」が多いです。

拘縮というのは、動いて欲しい範囲が動いてくれないことです。

 

骨折が生じると、修復のための炎症反応により、動脈血が増加するため、静脈血がうっ血しやすくなります。すると、血液の血漿成分が血管外に漏出し、「浮腫」となります。

そのため、リンパ血漿を血管に戻すことが重要になります。

 

また、浮腫による末梢循環障害は「骨萎縮」も生じさせてしまいます。

 

浮腫、骨萎縮を予防するために、固定期間中、しっかりと動かしましょう。

 

*ギプスは、指先など動かしやすいように親切に切ってくれています。

広告を非表示にする