健康のため身体について知ろう (専門家ではない人向け)

一般の方むけの身体についての知識です。少しでもご自身で健康管理ができるように

呼吸と内臓の関係

呼吸をすると、

横隔膜・肋骨が動かされます。

 

横隔膜が動くと、間接的に

 骨盤底筋群

 腹横筋

 多裂筋

のインナーユニットが活動します。

また、

 大腰筋

 腰方形筋

が活動します。

 

インナーユニットと、大腰筋・腰方形筋が活動すると、

体幹部が安定し、下肢との連結もしっかりします。

 

体幹部がインナーマッスルによる活動や、圧力によりコントロールされるので、

内臓が活性化されます。

 

 

肋骨が動くと、

間接的に胸椎が動かされます。

 

胸椎が動くと周囲組織の柔軟性が図れ、

自律神経に対しての絞扼が減り、自律神経のコントロールがしやすくなります。

 

 

それらは、呼吸をすること、インナー意識へ持っていくことで

さらに相乗効果が起こり、反応を高め合うことができます。

 

 

「呼吸」ってすごいですね

 

1日のはじまりに

1日のおわりに

「瞑想」*宗教的な意味じゃなく 

を、ゆっくりと「呼吸しながら」すると「身体的」にも動きやすく・疲れもとりやすくなりますよ

広告を非表示にする