読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康のため身体について知ろう (専門家ではない人向け)

一般の方むけの身体についての知識です。少しでもご自身で健康管理ができるように

痛風の原因は食事?食事からのプリン体は20%

痛風 食事

「風が吹いただけで痛い」

痛風」は怖いですよね。周りになったことがある人は一人はいると思います。

 

痛風」の原因は、言わずと知れた「尿酸」

そして「尿酸」を作り出すのは「プリン体」と言われています。

プリン体off!!」などのビールはよく見ますよね。

痛風は「贅沢病」とも呼ばれています。

 

尿酸は、プリン体の最終代謝産物。

ですのでプリン体を抑えよう!!ということになるのですが、

プリン体は体内の生成から80%、食事から20%と言われています。

そしてプリン体がエネルギーとして利用され、残ったのが尿酸です。

そして、実は体内は「尿酸プール」があり、常時1200mg程度溜め込まれています。

その中の700mgが毎日排出され、産生され循環しているという状態です。

 

高尿酸血症の人の原因は、

1:尿酸生産過剰

2:尿酸排泄低下

 の2つがあります。

そして、実は「2:尿酸排泄低下」による高尿酸血症からの痛風の人のほうが多いのです。

 

尿酸排泄の7〜8割は尿からです。

そして、尿酸は「酸」です。

ということは、尿中に尿酸を増やすためには、反対にアルカリ性の食物を取ったほうが良いということです。

「海藻」「野菜」「きのこ」「芋類」など

 

それと並行して、しっかり水分をとって、尿量を増やすようにしましょう。