読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康のため身体について知ろう (専門家ではない人向け)

一般の方むけの身体についての知識です。少しでもご自身で健康管理ができるように

膝の外側の痛み(ランニング障害・腸脛靭帯炎)

腸脛靭帯炎、聞いたことがありますでしょうか?

ランニング障害の1つとして有名です。

ランナーの方になりやすい疾患ですね。

 

腸脛靭帯とは、太ももの外側にある硬い結合組織の被膜です。

骨盤から膝の下までついていて、膝内反と下腿内旋運動への制動能力があると言われています。

一般的には、軟部組織と骨がこすれるところには「滑液包」か「脂肪体」があり、ここには脂肪体があると言われています。

 

ランニングでは、膝の曲げ伸ばしの繰り返し動作なので、膝の外くるぶし?のところとの摩擦が繰り返し生じ、炎症がおこると言われています。

特に、膝の内反と下腿の内旋が増強する例で生じやすいと言われています。